健康・ダイエット

耳鳴りが「キーン」とずっと止まらない|治し方はあるみたいだけど・・・

ぽけご
ぽけご
こんにちは、気ままに生きてるぽけごです。

「キーン」という高い音の耳鳴りがもう1年半くらい続いています。

音の強弱はあるのですが、意識のある時に止まることは全くなく、左耳の音がとても強く右耳でもうっすら鳴っているようです。

鳴りはじめた頃は理由もわからずけっこう混乱したのですが、今は「鳴ってるんだから仕方がないよね」とあきらめの境地でいます。

いろいろな病院の受診しても原因がはっきりとせず、どうしても止めたかったら、さらに手を尽くす方法はあるのですが、私はそこまでやる必要はないと思いました。

自分で耳鳴りのことを調べてるときに思ったのですが、具体的なことが書かれているブログなどが少ないので、自身の耳鳴りのことについて今回はお話ししたいと思います。

耳鳴りがはじまった経緯について

以下の記事でも書いたのですが、私は会社にいるときに頭がくらくらしたり動悸を感じるようになって、受診した心療内科で「うつ症状」と診断されて、会社を2ヶ月休職することになりました。

https://enjoying-mylife.blog/adjustmentdisorder

ただ、この時に耳鳴りはしていませんでした。

休職期間終了後に別部署に異動して復職することになったのですが、半年くらい経った辺りから左耳でキーンという耳鳴りがするようになりました。

最初の頃は耳鳴りは治まる時もあって、ストレスレベルと連動して耳鳴りがするような気がしていました。

復職からしばらく経って、仕事への違和感や焦りなどを感じていたこともあって、耳鳴りはうつ症状の再発の兆候なのではないかと思っていました。

病院での検査や診察、そして退職へ

耳鳴りといってもその原因がはっきりしないので、いったいどこの病院を受診すればいいかわかりませんでした。

結局いろいろと巡ることになったのですが、それらを時系列順でまとめておきたいと思います。

心療内科

最初は耳鳴りはうつ症状の再発によるものだと考えていましたので、休職するときにお世話になった心療内科へ行って診てもらいました。

心療内科で具体的な検査をしてもらうわけではないので、うつ症状を抑える薬を処方してもらい、これを飲んで様子を見ましょうということになりました。

しかしもらった薬を飲んでも耳鳴りが治まる気配がなく、再診時にそのことを伝えると、もう少し強めの別の薬を処方するので、これでまた様子を見てくださいとのこと。

心療内科でもらう薬は耳鳴りが治まらないのに副作用が強いので、このまま薬を飲んで様子を見るのではなく、他の病院でも原因がわからないか検査してもらおうと考えました。

心療内科でかかった費用はおおよそ2,000円ほどです。

脳神経外科(CT検査)

脳の病気による耳鳴りであればまずいので、検査をしてもらうべく脳神経外科を受診しました。

先生に事情を話してCT検査を実施してもらいました。

検査の結果、脳には異常はなく耳鳴りの原因となるようなものは何もないとの回答でした。

CT検査にかかった費用は約7,200円です。

耳鼻科

脳神経外科に行った同じ日に、耳鼻科にも行って診てもらいました。

メニエール病のような病気であれば怖いので、耳鼻科の先生にも耳鳴りが止まらない旨お伝えして診てもらったのですが、こちらも全く問題ないとの回答でした。

耳鼻科の診察でかかった費用はおおよそ2,000円ほどです。

退職

ここまでの受診で耳鳴りの原因は分からないものの、病気などの兆候で耳鳴りが起きてるわけではなさそうだと判断し、特に何もせず様子を見ることにしました。

ところが耳鳴りは治まるどころか徐々に大きくなっていきます。そのうち右でも耳鳴りがするようになりました。

頭がくらくらするなどのうつ症状も再発するようになってしまったので、退職してしばらくは療養に専念することにしました。

しかし退職後も耳鳴りが治まることはありませんでした。

「耳鳴り外来」との出会い

ネットで検索しているときに耳鳴りを専門にしている診療科を見つけたので一度受診してみることにしました。

基本は耳鼻科の先生なのですが、補聴器を使った耳鳴りの治療も行っているため、「耳鳴り外来」という形で診療科を設けているみたいです。

耳鳴りの原因が脳に関係するものでないか、紹介する脳神経外科でMRIを受けてくださいと言われました。

過去にCT検査をして問題なかったことを伝えたのですが、先生が指定する内容で検査してもらいたいとの話だったので、別日に脳神経外科でMRI検査を受け、その数日後に耳鳴り外来を再診しました。

結果はやはり脳に耳鳴りの原因となるような問題はなく、耳鼻科としても問題はないとの結論でした。

脳や耳に異常がないと分かった前提で、それでも耳鳴りを改善したいのであれば補聴器を使う方法があると教えていただきました。

専門的なところまでは私にはわからないのですが、詳細は下記に記載されている通りですので、詳しく知りたい方は参照してみてください。

私の耳鳴りの周波数を検査で調べて、技師の方に調整してもらった私の耳鳴り用の補聴器をつけてみたのですが、耳鳴りが1年ぶりくらいに止まりました。

まさか補聴器で止まるとは思ってなかったので驚いたのですが、しばらくすると耳鳴りはまた復活してしまいました。

耳鳴りを本格的に改善するには、補聴器を購入して使い続ける必要があるということでした。

耳鳴り外来の受診や補聴器サンプルの調整:約12,000円
脳神経外科でのMRI検査:約7,500円

止まらない耳鳴りについて思うこと

耳鳴りは今も止まっていませんが、補聴器を買うことまではしませんでした。

補聴器を使えばたしかに耳鳴りが止まるのかもしれませんが、補聴器からも「ジー」って音が鳴り続けてますし、わざわざ補聴器を買って毎日つけるくらいなら、耳鳴りを気にしない方がいいやって思ってしまいました。

先生がはっきりそうおっしゃったわけではないのですが、私のようなタイプの耳鳴りはある意味「気のせい」みたいなものであると考えることができます。

実際に補聴器の調整をしていただいた技師の方も、話を聞けばもう十年以上も「耳鳴り持ち」らしいのですが、ぜんぜん耳鳴りを気にしていない様子でした。

いつも「すぐ近くで掃除機をかけられてる」と思って気にしなければ、案外何とかなってしまうものです。

ひどくなって寝れないというようなことになれば補聴器も考えますが、今のところは何もせず気にしないでおこうと思います。

ここまでの診療に3万円くらいかかってしまいましたが、すっきりすることができてよかったです。

まとめ

以上が私の耳鳴りの症状についてのまとめとなります。この記事を見に来ていただいた方の何かの参考となればうれしいです。

人によって耳鳴りが起こる原因は違いますから、まずは各診療科に行ってしっかりと検査をしてもらいましょう。

その上で私のようなタイプの耳鳴りであれば、悩まずに受け入れてしまうのもありだと思いますし、どうしても気になるのであれば補聴器を試してみてはどうでしょうか。

ぽけご
ぽけご
補聴器はサンプルを貸し出してくれますので、いきなり購入しなくてもしばらく試すことができます。

▼こちらも合わせてどうぞ▼