エリアガイド

ポケモンGOを公園で楽しもう!|巣の情報を確認するやり方&大阪の公園情報

ぽけご
ぽけご
こんにちは、気ままに生きてるぽけごです。

ポケモンGOをはじめると、いろんなところにお出かけしてみたくなりますが、初心者の方におすすめしたいのが公園めぐりです。

ポケモンGOにおいて公園は「ポケモンの巣」として、いろんなポケモンが湧きやすいスポットに設定されています。

私もはじめた頃にいろんな公園めぐりをして、ポケモンの図鑑埋めに取り組んでいました。

今回はポケモンGOを公園で楽しむ遊び方や、私が実際に行ってみた大阪の公園情報などをお話ししたいと思います。

巣の情報は【2019/10/5】現在のものです。

公園で楽しむメリット・デメリット

ポケモンGOを公園で楽しむメリットやデメリットは、どんなことがあるのかまとめてみました。以下の通りとなります。

メリット

ポケ活がしやすい

公園の中は広くて人も密集しておらず、車が通る心配もないので、ポケモンGOが遊びやすい安全な環境といえます。

大きな公園であればウォーキングコースが整備されていて歩きやすかったり、ベンチやトイレも整備されていてポケモンGOを長時間でも不自由なく遊ぶことができます。

巣の対象ポケモンを集めやすい

大きな公園などはポケモンGOを遊ぶスポットとして運営サイドからも推奨されており、「ポケモンの巣」としてポケモンが出現しやすい設定がされています。

公園によっては特定のポケモンが大量発生する「強い巣」となっており、レアポケモンのアメをたくさん集めたり、色違い探しにチャレンジするトレーナーも多くなっています。

※「ポケモンの巣」は一定周期で別のポケモンの巣に変更される仕様になっています。

公園のイベントなども楽しめる

大きな公園などではポケモンGOと関係なくイベントが開催されていることがあります。

食フェスで美味しいものを堪能したり、緑地公園であれば季節の植物を鑑賞したり、ポケモンGOを遊びながらそういったイベントも楽しむことができます。

公園では芝生などのスペースも多いので、春になると私たちは手作りのお弁当を持参してピクニックを楽しんでいます。

デメリット

ポケストップが少ない

アイテムを入手できるポケストップは、何らかのスポットに対して設定をされていますので、公園によってはポケストップの数が少ない場合があります。

ポケモンを捕り続けていると、ボールなどのアイテムが枯渇してしまう可能性があるので、公園へ出かけるときは事前にアイテムをためておきましょう。

虫が多い

暖かいシーズンになると公園へのお出かけも快適で楽しくなるのですが、虫が多くなることがデメリットといえます。

1日中遊んでいるとたくさん蚊に刺されてしまうので、虫よけスプレーなど防虫対策が必要になります。

虫よけなどの便利グッズについては、以下の記事でまとめていますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

▼ポケモンGO便利グッズの詳細はこちら▼
【ポケモンGO】便利グッズのまとめ
【ポケモンGO】プレイに役立つ便利グッズまとめ|初めての方向けポケモンGOは外へ出かけて遊ぶゲームなので、実際に出かけて動きまわる私たちにも、リアルな備えがいろいろと必要です。リリース当初からプレイを続ける私の観点で、ポケモンGOを遊ぶときに役立つ、便利なグッズやアイテムについてまとめました。...

巣のポケモンを確認するやり方


『みんポケ』共有マップツール

その公園がどのポケモンの巣になっているかは「みんポケ」を使って確認することができます。

みんポケで公園内の赤枠の公園マークを選択すれば、巣のポケモンを確認できます。

他のトレーナーが登録してくれたものなので、間違っている可能性もありますが、赤枠内のように「〇3」という風になっていれば、3人のトレーナーが現地でプレイして、正しい情報と確認済みということなので合わせてチェックしましょう。

公園ガイド ~大阪編

ここからは私が実際に行ってプレイした公園の情報をご紹介します。

登場する巣のポケモンは一定周期で変わりますが、ポケモンの出現の多さ(巣の強さ)は固定なので、欲しいポケモンが強い巣の公園で登場するときを狙って行ってみましょう!

大阪城公園 <ヨーテリーの巣>

ポケモンの湧き: 
ポケストップ数: 
公式サイト: https://osakacastlepark.jp/
アクセス:JR環状線「森ノ宮駅」・「大阪城公園駅」下車すぐ

交通の便もよくポケモンの湧きやポケストップの数も十分にある公園なので、多くのトレーナーが訪れる公園です。

観光名所なので海外の旅行者も非常に多いですが、敷地が広大なので混雑を感じることはないでしょう。意外と高低差があるのでいい運動になります。

EXレイドジムの数も多いので、レイドバトルもプレイしてEXパスの当選を狙いましょう。

万博記念公園 <キバニアの巣>

ポケモンの湧き: 
ポケストップ数: 
公式サイト: https://www.expo70-park.jp/
アクセス:大阪モノレール「万博記念公園駅」下車すぐ

こちらもポケモンの湧きやポケストップの数は十分な公園です。

敷地は広いですが北側の日本庭園は有料エリアになっています。ポケモンGOを楽しむのがメインであれば、有料エリア以外でも十分に楽しめます。

公園中央のお祭り広場ではイベント開催されていることが多いので、食フェスなどが開催されている時期を狙って行ってみるのもいいかもしれません。

長居公園 <フシギダネの巣>

ポケモンの湧き: 
ポケストップ数: 
公式サイト: https://www.nagaipark.com/
アクセス:大阪メトロ御堂筋線「長居駅」3番出口すぐ

ポケモンの巣ということでは、今回紹介した公園の中でも一番強いかもしれません。

道なりに広い外周を回るだけなので歩きやすく、自転車でポケ活をしている人も多くいました。(個人的には自転車は効率が悪いのであまりおすすめできませんが…)

ただ、ポケストップの数があまり多くないため、普通に捕り続けているとボールが枯渇します。長居公園に行く際には事前にボールをできるだけストックしておきましょう。

鶴見緑地 <カブトの巣 ※南側はキバニア>

ポケモンの湧き: 
ポケストップ数: 
公式サイト: https://www.tsurumi-ryokuchi.jp/
アクセス:大阪メトロ長堀鶴見緑地線「鶴見緑地駅」下車すぐ

私が行ったときは強い雨に見舞われたのでやや印象が薄い公園なのですが、ポケモンの湧きは上の3公園に劣る印象です。

景色や自然を楽しみながらゆっくりポケモンGOを楽しむにはいい公園だと思うので、家族でピクニックがてらに行ってみるのもいいかもしれません。

天保山公園 <ポカブの巣>

ポケモンの湧き: 
ポケストップ数: 
公式サイト: https://osaka-info.jp/page/tempozan-park
アクセス:大阪メトロ中央線「大阪港駅」から徒歩7分

関西のポケモンGOの聖地「天保山」の一角をなす公園です。

ポケモンの巣としてはそれほど湧く印象はないのですが、たくさんの種類のポケモンがゲットできる場所として初心者の方にはおすすめです。

とても小さな公園なので公園内だけをぐるぐる回るというのは、アイテム回収的に厳しいかもしれません。

春になると桜が満開になるので、お花見シーズンに行ってみるのはオススメです!

まとめ

以上、ポケモンGOを公園で楽しむための情報をまとめてみました。

いろんな公園に足を運んで、ポケモンGOを楽しみながら自然環境やイベントなども堪能しちゃいましょう!

▼こちらも合わせてどうぞ▼