ポケモンGO

【ポケモンGO】用語解説のまとめ|はじめての方向け

【ポケモンGO】用語解説
ぽけご
ぽけご
こんにちは、気ままに生きてるぽけごです。

ポケモンGOをはじめてみたけれど、いろんな用語があって、最初はよくわからないことも多いのではないでしょうか。

そこで、プレイヤー間でよく使われる用語についてまとめてみました。

これからプレイされる方や、はじめたばかりの初心者の方の参考となればうれしいです。

ポケモンGO用語集

これからはじめる初心者の方向けに、ポケモンGOでよく使われる用語についてまとめてみました。

50音順に並べていますので、「これどういう意味?」みたいなものがあれば確認してみてください。

あ行

アイテムボックス

プレイヤーがアイテムを収納する場所のこと。ショップでポケコインを消費することにより最大2000個まで拡張することができます。

相棒ポケモン

手持ちの中から相棒に選んで一緒に連れ歩きしているポケモンのこと。相棒にして一定の距離を歩くとそのポケモンのアメをもらうことができる。アメがもらえる距離はポケモンの種類によって異なる。
相棒にして一定の距離を歩かないと進化できないポケモンや10km一緒に歩くとプレイヤーの肩に乗るようになるピカチュウなど、ゲーム要素の解放条件の一つとなっている。

アバター衣装(スタイル)

ポケモンGOのプレイヤーキャラには数々のアバター衣装(スタイル)が用意されており、プレーヤーの個性を出すことができます。

アローラ

第7世代のアローラ地方ポケモンのこと。ポケモンGOでは第1世代ポケモンの「アローラのすがた」がゲーム内に登場している。

アーマードミュウツー

ポケモン映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』の劇中に登場する、特別なフォルムのミュウツーのこと。ポケモンGOでは、アーマードミュウツーは伝説レイドバトルに登場する。

【ポケモンGO】アーマードミュウツーとは?レイドでゲットする準備まとめアーマードミュウツーとは、ポケモン最新映画に登場する特別なフォルムのミュウツーのことです。ポケモンGOでも、アーマードミュウツーが伝説レイドバトルに登場します!今回はイベント内容やゲットするための準備について詳しく解説します。...

EXレイド

ゲーム内でEXレイドパスという招待状を受け取ったプレーヤーのみが参加できる特別なレイドのこと。EXレイド限定のボスポケモンが登場する。

「特別なレイド」の指定がされている対象ジムで期間内にレイドバトルを行うと抽選でEXレイドの招待状を受け取ることができる。親友ランク以上のフレンドを1名招待して一緒に参加することができる。

EXレイドとは?
EXレイドとは?やり方のまとめ【ポケモンGO】ポケモンGOのEXレイドとは、抽選によって招待される「EXレイドパス」を持つトレーナーだけが、参加することができる特別なレイドバトルです。EXレイドパスに当選する方法など、わかりにくい点もあると思うので、まとめてみたいと思います!...

位置偽装

ポケモンGOはスマートフォンのGPS機能を使い自分が移動することでゲーム内でも移動する仕組みとなっているが、位置偽装アプリを使って実際に移動せずにポケモンGOを遊ぶこと。禁止行為のため発覚するとアカウントはく奪され遊べなくなります。

いつでも冒険モード

ポケモンGOは元々はアプリを起動して移動しないとゲーム内の移動距離はカウントされない仕様だったが、「Apple Health」や「Google Fit」アプリとデータ連携させる「いつでも冒険モード」を設定することで、ゲームを起動していなくても移動距離がカウントされるようアップデートされた。

いつでも冒険モードを利用することにより、通勤や仕事中の移動などゲーム立ち上げができない場面でも、スマートフォンを持ち歩いていれば移動距離が加算されます。

イベント

ポケモンGOはゲームを盛り上げる様々なイベントが頻繁に開催されています。

  • 運営会社主催のイベント:コミュニティ・デイ、バトルウィークなど
  • スポンサー企業と共同イベント:スペシャルウィークエンドなど
  • 地方自治体と共同イベント:サファリゾーンなど

色違い

通常のポケモンとは異なる色合いで登場するポケモンのこと。1/500など相当に低い確率でしか遭遇することができないため、コレクター要素の一つとなっている。

EPS

「Energy per Second」の略称。ジムバトルやレイドバトルにおけるゲージ技の1秒あたりのゲージのたまり具合を数値化したもの。ゲーム攻略サイトなどで使われています。

ウィロー博士

ポケモンGOのオープニングでトレーナーにポケモン図鑑完成を依頼するポケモン博士。捕まえたポケモンをウィロー博士に送るとそのポケモンのアメと交換してくれる。

スペシャルリサーチイベントではプレイヤーに調査を依頼するところからイベントがはじまり、タスクをクリアして報酬をもらって完了までの進行役となっている。

ウィークリーボーナス

デイリーボーナスを7日連続で達成するともらえる報酬。

ウィークリーボーナスでもらえる報酬
  • ポケモンの捕獲:XP2000、ほしのすな2400
  • ポケストップ:XP2000、どうぐ

FFF

ポケモンの個体値は攻撃・防御・HPがそれぞれ0~15の能力値となるので、0~Fの16進数を使って表すやり方があります。FFFはすべて15の個体値100のポケモンとなります。

ポケモンにつける名前の文字数に制限があるため、文字数を節約できるこのやり方が広まった。

XP

トレーナーの経験値のこと。獲得することでトレーナーレベルを上げることができる。

エラーコード

ゲーム中にピンク色の帯で表示されるエラーメッセージのこと。

AR+

カメラで写し出されている景色に実際にポケモンがいるかのように描写されるゲーム機能。うまく捕獲するとほしのすなやXPにボーナスがつくが、実際のゲームユーザーにはあまり利用されていない。

か行

解放

ポケモンのゲージ技においてサードアタックを解放すること。そのポケモンのアメとほしのすなが必要となる。

カンスト

トレーナーレベル(TL)やポケモンレベル(PL)を上限まで上げること。現在のレベルの上限は40となっている。

カントー

第1世代のカントー地方のポケモンのこと。全部で151種類。

期間限定セール(セールボックス)

ゲーム内のショップで期間限定で販売される複数のアイテムが詰まったお得なボックスが販売されることがある。

値段の異なる複数のボックスが販売され、その組み合わせでお得度が変わるのでヘビーユーザーはお得度の高いボックスが販売されると買いだめをしている。

ギフト

ポケストップやジムのフォトディスクから入手できる。自分で開けることはできないがフレンドに贈ることができ、フレンドがギフトを開封するとアイテムやタマゴを入手することができる。

キャッチアップリサーチ

ポケモンGO3周年を記念して登場したスペシャルタスクのこと。

キラフレンド

仲良し度が「大親友」まで到達したフレンドと交流をした際に、一定の確率でそのフレンドと「キラフレンド」になることができる。

キラフレンドとポケモンの交換をした場合、1回目で必ずキラポケモンが出現する特典がある。

キラポケモン

フレンドとポケモンの交換を行ったときにまれに出現することがあるポケモン。

図鑑やポケモン表示の画面で輝きを発しており、ほしのすなが通常の半分の量でポケモンを強化することができる。

獲得した時期が古いポケモンほど交換した時にキラポケモンの出現確率が高くなる。

金ジム

シムバッジを最高ランクの金色まで上げたジムのこと。金ジムにするとフォトディスクを回した時に入手できるアイテムの数が増えるなどのメリットがある。

黒いポケストップ

GOロケット団が占拠したポケストップのこと。

グローバルチャレンジ

ポケモンGOのリアルイベント開催にあわせて実施される、全プレイヤー参加のイベント。特定のタスクをクリアするとボーナスが一定期間解放される。

ゲージ技(スペシャルアタック)

ノーマル技でゲージをためて発動できるわざのこと。ゲーム内では「スペシャルアタック」と表記される。わざ2などといわれることもある。

わざマシンスペシャルを使用することで異なるわざに変更することができる。

厳選

捕まえたポケモンの個体値を確認して、個体値の高いものだけを確保しておくこと。

効果ばつぐん

ポケモンGOのバトルにおいて、相手の弱点となる属性の攻撃を行ったときに表記される。相手へのダメージが通常の1.6倍(2重弱点の場合は2.56倍)となる。

交換

ほしのすなを消費することでフレンド同士でポケモンを交換することができる。未入手のポケモンや色違い、伝説のポケモンの交換は1日1回に限定されている。

交換を行うと交換したポケモンがまれにキラポケモンになり、ほしのすなの消費が半分で強化を行うことができる。

交換のやり方(トレード機能のまとめ)
【ポケモンGO】交換のやり方|トレード機能のまとめポケモンGOのトレード機能とは、フレンドになっているトレーナーと、お互いの手持ちポケモンを交換することができる機能です。うまく活用するとメリットがあり、ポケモンGO攻略の近道となります。初心者さんでも理解できるように解説します。...

個体値

ポケモンの個別能力を数値化したもの。ポケモンGOでは攻撃・防御・HPがそれぞれ0~15で設定されており、0・0・0のポケモンなら個体値0、15・15・15のポケモンなら個体値100と表記される。

種族値との違いがわかりにくいが、種族値はポケモンの種別ごとに変わる能力値で同じポケモンであればすべて同じ数値であり、個体値は同じポケモンでも1匹ずつ違う能力値である。(バトル時の優先度はCP>種族値>個体値)

ゴプラ

「Pokemon GO Plus」の略称。詳しくはそちらを参照。

コミュニティ・デイ

特定のポケモンがその日の決まった時間帯にだけ大量発生するイベントのこと。開催日は土曜か日曜日で12時~15時のケースが多い。

対象のポケモンがイベント時間限定で特別なわざを覚えたり色違いに出会いやすくなる。ルアーモジュールの効果が3時間に延長されXPやすなが多くもらえるボーナス特典もあるので、ポケモンGOユーザーにとってお祭りのようなイベントになる。

人気ポケモンの大量発生時には、参加者が多すぎてアクセス障害が起きてイベント時間が延長されるケースもしばしばある。

コミュニティデイとは?イベント内容のまとめ【ポケモンGO】ポケモンGOの「コミュニティデイ」とは、月1回開催されるポケモンGOのお祭りみたいなイベントです。この日は特定のポケモンが大量発生して、色違いをゲットしたりイベントボーナスもたくさんあるので、数多くのプレイヤーが集まって盛り上がります!...

コンボDPS

ノーマル技とゲージ技の組み合わせで相手に与えるダメージ効率のよさを数値化したものです。ゲーム攻略サイトで使われています。

GOスナップショット

捕獲した手持ちのポケモンを、ARカメラを使って自由に撮影することができる機能。風景をバックにしたり、おもしろい構図を描いたりするなどして、お気に入りのポケモンのベストショットを楽しむことができる。

GOスナップショットを利用していると、えかきポケモン「ドーブル」が写真に割り込んでフィールドに出現するという、おもしろいサプライズがある。

GOスナップショット&ドーブルの捕まえ方【ポケモンGO】ポケモンGOの「GOスナップショット」とは、捕獲した手持ちのポケモンを、ARカメラを使って自由に撮影することができる機能です。素晴らしい風景をバックにしたり、おもしろい構図を描いたりするなどして、お気に入りのポケモンのベストショットを楽しむことができます。...

GOロケット団

「GOロケット団」とは、ポケストップの占領をもくろむ悪の組織。彼らとバトルを繰り広げる新しいゲーム要素が、2019年7月に新しく登場した。

黒いポケストップに潜むGOロケット団と遭遇し、彼らが操るシャドウポケモンとのバトルに勝利すると、ポケストップから撤退する。

その際に置き去りにしたシャドウポケモンを、ゲットチャレンジで捕まえることができる。

GOロケット団とは?シャドウポケモンの捕まえ方【ポケモンGO】ポケモンGOに新しく登場した「GOロケット団」とは何なのか、「したっぱ」とのバトルのやり方、シャドウポケモンやライトポケモンの詳細についてなど、ポケモンGOをやり慣れていない方でも理解できるように、わかりやすくまとめてみました!...

さ行

サークル固定(投法)

ポケモンを捕獲する際に、捕獲率が高くなるGreatやExcellentが狙える小さいサークルに固定し、サークルの大きさが変わらないポケモンが威嚇しているタイミングを狙ってボールを投げる投法。

サードアタック(セカンドアタック)

トレーナーバトルの実装に合わせて使えるようになった2つ目のゲージ技のこと。

そのポケモンのアメとほしのすなを消費することにより解放されて使えるようになる。異なる属性のわざを使い分けすることで、トレーナーバトルの戦略性を高めることができる。

したっぱ

GOロケット団の下っ端(したっぱ)のこと。ボスの命令により、ポケストップを占拠しようと企んでいる。

ジムバッジ(ジムランク)

そのジムのフォトディスクをはじめて回すときにもらえる。

そのジムでポケモンを配置したり、ジムバトルやレイドバトルなどをすることでジムバッジのランクを上げることができる。ジムランクが上がるとフォトディスクを回した時にもらえるXPやアイテムのボーナスを増やすことができる。

ジムバトル

異なるチームのジムにバトルを挑んで攻め落とすこと。1つのジムに最大6匹の防衛ポケモンが配置されており、バトルを挑んで防衛ポケモンのやる気をすべて0にすると攻め落とすことができる。

攻め落としたジムには自分のポケモンを防衛に配置して自チームのジムにすることができる。同じチームのプレイヤーは6匹になるまで防衛ポケモンを配置することができ、一定時間以上ジムを防衛すると最大50コインを獲得することができる。

【ポケモンGO】ジムバトルのやり方まとめ
【ポケモンGO】ジムバトルのやり方まとめ 2019年最新版ポケモンGOのジムバトルとは、自分の手持ちのポケモンを使って、チーム別でジムの占領を競いあうゲーム機能です。ジムバトルのシステムは、ポケモンGOのリリース当初から存在しているのですが、アップデートを重ねて仕様が変わっている部分もあります。...

シャドウポケモン

GOロケット団が操る黒いオーラをまとったポケモンのこと。リトレーンで閉ざされた心を解放することで、ライトポケモンに変化する。

種族値

ポケモンの種類ごとに決まっている能力値のこと。伝説のポケモンなど種族値が非常に高いポケモンは人気ポケモンとなる。

個体値との違いがわかりにくいが、種族値はポケモンの種別ごとに変わる能力値で同じポケモンであればすべて同じ数値であり、個体値は同じポケモンでも1匹ずつ違う能力値である。(バトル時の優先度はCP>種族値>個体値)

ジョウト

第2世代のカントー地方のポケモンのこと。全部で100種類。

ショップ

ゲーム内のポケコインでアイテムを購入できるお店のこと。スタイルショップでアバター衣装も購入することができる。

シンオウ

第4世代のシンオウ地方のポケモンのこと。全部で106種類。

進化アイテム

特定のポケモンで進化をさせるために必要となるアイテム。ポケモンにより必要となるアイテムが異なります。

進化マラソン(ポッポマラソン)

進化に必要なアメの消費が少ないポケモンを大量にストックしておき、しあわせタマゴを使って30分間に一気に進化をさせてXPを効率よく稼ぐ方法。

初期の頃はポッポが非常に多く捕まえられるポケモンだったためポッポマラソンとも呼ばれる。

CP

「Combat Power」の略称でそのポケモンの強さを表す数値。攻撃・防御・HPの能力値を元に算出されている。CPが高いほど強いポケモンといえます。

シールド

シールドを使うとトレーナーバトルで相手のゲージ技を防ぐことができる。1度のバトルで2回しか使用できないため使いどころに戦略性が求められる。

図鑑

捕まえたポケモンが登録されていく図鑑。オスやメス、色違いやキラポケモンの捕獲状況も表示されるので、コレクター要素の一つになっている。

スペシャルリサーチ

ゲーム上でウィロー博士が登場して調査を依頼されることではじまる特別なイベント。幻のポケモン探索や地域イベントであるサファリゾーンなどでスペシャルリサーチが実施される。

スペシャルアタック

ゲージ技の別称。フィールドタスクなどではこの表記となっている。

セールボックス

期間限定セールとして、アイテムを詰め合わせして、ショップで販売されるボックスのこと。

いくつかの種類があり、時期によって入れ替わりするうえに、お買い得度も変わるので「まとめ買い」「買い控え」などが議論される。

属性(相性)

「ノーマル、ほのお、みず、でんき、くさ、こおり、かくとう、どく、じめん、ひこう、エスパー、むし、いわ、ゴースト、ドラゴン、あく、はがね、フェアリー」の18種類の属性があり、すべてのポケモンが1つもしくは2つの属性を有している。

その組み合わせで効果ばつぐんとなるわざや攻撃されたときの弱点や耐性が決まっている。相手の弱点となる属性のポケモンを選んでバトルを挑むのが攻撃の基本スタンスとなります。

ソロレイド

レイドバトルのボスポケモンに対し自分一人で戦いを挑むこと。レベルの高いボスポケモンの場合は、ソロで挑んでも勝てない相手が多くなっている。

た行

大発見ボーナス

フィールドリサーチのタスクを7日分達成すると、ウィロー博士の研究が大きく進んだ成果として、大発見ボーナスをもらうことができる。

アイテム報酬のほかに、野生出現しない伝説ポケモンなどのゲットチャレンジに挑むことができる。

タイプ一致

ポケモンの持つ属性と同じ属性のわざで攻撃する場合、タイプ一致ボーナスとしてわざの威力が1.2倍になります。相手の弱点となる属性がこちらのタイプ一致になるポケモンで攻撃すると、相手に大ダメージを与えることができる。

タスク

フィールドリサーチやスペシャルリサーチを達成するための指示書のようなもの。ゲーム設定的にはウィロー博士より送られるもので、ポケストップをまわすと入手できる。

タスクをクリアするごとに、アイテムやポケモンのゲットチャレンジなどを報酬として得ることができる。

タマゴ

ポケモンが生まれるタマゴのこと。ポケストップを回すことで手に入り、タマゴをふかそうちに入れて一定距離を歩くとポケモンが生まれる。タマゴの種類によってふ化するまでに歩く距離と生まれるポケモンの種類が決まっている。

地域限定ポケモン

ポケモンGOでは、北米限定・南米限定・欧州限定など、その地域しか出現しないポケモンが存在しており、「地域限定ポケモン」と呼ばれている。

その地域へ旅行してゲットするか、その地域に住んでいるなどして、すでに持っているトレーナーから交換してもらうなど、とても入手が困難なポケモンとなる。

リアルイベントの参加特典として、参加者のみ日本にも出現してゲットできる場合もある。

チート

ゲーム進行を有利にするために不正行為を行うこと。ポケモンGOにおいては位置偽装などが該当します。発覚しだいゲームアカウント追放されて遊べなくなります。

チームリーダー

プレイヤーは下記のいずれかのチームに所属してバトルやトレーニングを行います。 チームリーダーはトレーナーバトルのトレーニングの相手になったり、捕まえたポケモンのステータス評価を行ってくれたりします。

3つのチーム
  • チーム「ヴァーラー」 カラー:赤 リーダー:キャンデラ
  • チーム「ミスティック」 カラー:青 リーダー:ブランシェ
  • チーム「インスティンクト」 カラー:黄 リーダー:スパーク

【ポケモンGO】3人のチームリーダー3人のチームリーダー

デイリーボーナス

その日の最初にポケモンを捕まえたりポケストップを回した時にもらえるボーナス。1回も実施しなかった時にはボーナスをもらうことはできない。7日連続でデイリーボーナスを達成すると、ウィークリーボーナスをもらうことができる。

デイリーボーナスでもらえる報酬
  • ポケモンの捕獲:XP500、ほしのすな600
  • ポケストップ:XP500、どうぐ

デバフ

特殊効果で相手の能力をダウンさせること。ポケモンGOではトレーナーバトルで一部の技を使ったときに、相手の攻撃や防御の能力を下げるデバフが実装されています。

DPS

「Damage Per Second」の略称。ジムバトルやレイドバトルにおけるポケモンの技が1秒あたりに与えるダメージを数値化したもの。ゲーム攻略サイトなどで使われています。

天候ブースト

ポケモンGOでは実際の天気と連動してゲーム内の天気も変わるシステムとなっています。ゲーム内の天気と連動して該当する属性のポケモンにブーストがかかり、その属性のポケモンの出現が増えたり、捕獲時のPLが高くなったり、バトル時の技の威力が上がるなどの恩恵を受けることができます。

伝説レイド(5玉レイド)

難易度が星5つで最もレベルが高いレイドバトルのこと。ボスポケモンに伝説のポケモンが登場するため伝説レイドといわれている。

トレード

ポケモンをフレンドと交換すること。ほしのすなを消費することで交換が可能。未入手のポケモンや色違い、伝説のポケモンの交換は1日1回に限定されている。

交換を行うと交換したポケモンがまれにキラポケモンになり、ほしのすなの消費が半分で強化を行うことができる。

交換のやり方(トレード機能のまとめ)
【ポケモンGO】交換のやり方|トレード機能のまとめポケモンGOのトレード機能とは、フレンドになっているトレーナーと、お互いの手持ちポケモンを交換することができる機能です。うまく活用するとメリットがあり、ポケモンGO攻略の近道となります。初心者さんでも理解できるように解説します。...

トレーナーバトル(PVP)

バーコードを読み込んだトレーナーか親友ランク以上のフレンドと対戦を行うことができる。それぞれ3匹のポケモンを選抜して制限時間4分の中で早く全滅した方が負けとなる。

バトルの中で2回だけシールドを使って相手のゲージ技を防ぐことができる。属性の組み合わせやシールドの使いどころなど戦略性が求められる。毎日3回目までのトレーナーバトルに対しては、ほしのすななどの報酬をもらうことができる。

【ポケモンGO】トレーナーバトル(対戦)のやり方まとめポケモンGOのトレーナーバトル(対人戦)は、他のプレイヤーとポケモンの対戦を楽しめる機能です。属性の相性を考えてのチーム編成やダメージを防ぐバリアの使いどころなど、かんたん操作なのに奥深い仕様になっており、みんなで楽しむことができます。...

トレーナーレベル(TL)

トレーナーレベルはXPを獲得することで上げることができる。TLを上げるとポケモンを強化できる条件も上がり、保有するポケモンをより強くすることができる。

トレーニング

トレーナーバトルの練習としてチームリーダーを相手にトレーニングを行うことができる。毎日1回目のトレーニングに対しては、ほしのすななどの報酬をもらうことができる。

な行

ナイアンティック(Niantic)

ポケモンGOを株式会社ポケモンと共同運営するアメリカの会社。設立者のジョン・ハンケ氏は元Googleのエンジニアで、GoogleマップやGoogleストリートビューに参画していたことは有名。

ポケモンGOの開発段階でGoogleから独立。Google、任天堂、ポケモン、フジテレビなどから資金調達している優良ベンチャー企業である。

仲良し度

フレンドになったトレーナーと、ゲーム内で交流することで仲良し度が上がる。仲良し度のランクが上がると、ゲーム進行に有利なフレンドボーナスをもらうことができる。

ニアバイ

ゲーム画面右下の「付近のようす」画面のこと。この機能は日本より先に海外で実装され、英語で「NEARBY」と表示されていたためこの呼び方が広まったと思われる。

ノーマルアタック(通常技)

バトル時に画面をタップすることで発動する通常技のこと。わざ1などと言われることもある。ノーマル技でゲージをためてゲージ技を発動する。わざマシンノーマルを使用することで異なるわざに変更することができる。

は行

バッテリーセーバー

ポケモンGOを起動しているときに画面を下向けにすると暗くしてバッテリー消費を抑える機能。設定の画面よりON/OFFできる。ポケモンGOはバッテリー消費が激しいアプリなのでONにしておくことをおすすめします。

バトルパーティ

レイドやジム、トレーナーバトルの時に使用するポケモンをあらかじめパーティ登録しておくことができます。ポケモンボックスの画面から右にスワイプ(左タブを選択)することで設定が可能です。

バフ

特殊効果で自分の能力をアップさせること。ポケモンGOではトレーナーバトルで一部の技を使ったときに、攻撃や防御の能力を上げるバフが実装されています。

BAN

「禁止、追放」などを意味する英語。ポケモンGOでは位置偽装などのチート行為が発覚した場合の永久BANと特定の条件により一時的な制限をかけられるソフトBANがある。

ピカブイ

Nintendo Switchのゲームソフト「ポケットモンスター Let’s GO ピカチュウ/イーブイ」の略称。ポケモンGOとの連携機能があり、ポケモンGOで捕まえたポケモンをビカブイに送ることができる。

またその時にポケモンGO側で入手できる「ふしぎなはこ」というアイテムを使うことにより、幻のポケモン「メルタン」が出現し捕獲することができる。

ブイズ

多数の進化先を持つイーブイとその進化先を含めた略称。

フィールドリサーチ

ポケストップを回すことで手に入るタスクのこと。タスクに書かれた条件をクリアするとアイテムやポケモンゲットのチャンスなどのリワードを得ることができる。

フィールドリサーチをクリアするとその日のスタンプをもらうことができ、7日分のスタンプを埋めるとアイテムと大発見のリワードが得られる。

大発見リワードでは伝説ポケモンなどのレアポケモンのゲットチャレンジを行うことができる。

【ポケモンGO】フィールドリサーチのやり方まとめポケモンGOのフィールドリサーチとは、受け取ったタスクの内容を達成することで、リワード(報酬)が受け取れるミニゲームのような機能です。貴重なアイテムやレアポケモンをゲットできることがありますので、積極的にチャレンジしていきましょう。...

フォトディスク

ジムのポケストップのこと。フォトディスクを回すことでポケストップと同じようにアイテムをもらうことができる。

複アカ(垢)

一人で複数の端末でポケモンGOをプレイすること。規約違反のため不正行為とみなされる。

プレミアボール

レイドバトル後のボスポケモン捕獲チャレンジで使用するボールのこと。

ボスポケモン捕獲チャレンジではプレミアボール以外のボールを使用することができない。

レイドバトルの貢献度などによって与えられるプレミアボールの数が決まる。捕獲性能はモンスターボールと同じ設定となっている。

フレンド

他のトレーナーをフレンド登録することにより、ギフトを贈ったりポケモンの交換を行うことができる。

ギフトの交換や一緒にジムバトルやレイドバトルを行うと仲良し度を上げることができる。

仲良し度を上げるとポケモンの交換で消費するほしのすなの量が減ったり、一緒に参加したレイドバトルのゲットチャレンジでもらえるモンスターボールの数が増えたり、遠隔でポケモンの交換ができるようになったりする。

フレンド機能のやり方まとめ
【ポケモンGO】フレンド機能のやり方まとめポケモンGOのフレンド機能のやり方を、世界各地のフレンド30人以上と交流を続けている私の経験をもとにまとめました。「フレンドができないよ!」という悩みをすぐに解決できる方法など、フレンド機能のすべてをわかりやすく解説しています。...

防衛ポケモン

ジムに配置されているポケモン。同じチームのトレーナは1人1匹最大6匹まで防衛ポケモンを配置することができる。※詳しくはジムバトルを参照

ホウエン

第3世代のホウエン地方のポケモンのこと。全部で134種類。

ぼうけんノート

ゲーム内のトレーナーの行動を記録していくノートのこと。

ポケ活

ポケモンGO活動の略称。ポケモンGOをプレイして遊ぶこと。

ポケコイン

ポケモンGOのゲーム内の通貨。ポケコインを消費してアイテムやアバター衣装を購入することができる。コケコインはゲーム内のショップから購入することができ、ポケモンGOの課金要素となっている。

ポケストップ

ゲーム内のマップに点在するアイテムをもらうことのできる場所のこと。実際のスポットなどがポケストップとして登録されている。

ポケソース

近くを通るとポケモンが出現するスポットのこと。ポケストップの近くなどに設定がされており、コミュニティ・デイなどのイベント時にはポケソースの多い場所にたくさんのプレイヤーが集まる。

Pokemon GO Plus(GOプラス)

ポケモンGOの画面を見なくてもポケストップを回したりポケモンを捕獲できるデバイスのこと。便利だがポケモンの捕獲はモンスターボール1球のみで判定されてしまうためけっこう逃げられてしまう。すでに生産終了となっており現在は正規には販売されていない。

ポケモンの巣

特定のポケモンが多く出現する場所のこと。主に公園などで設定されており定期的に出現するポケモンが入れ替えされる。

ポケモンGOを公園で楽しもう!|巣の情報を確認するやり方&大阪の公園情報 ポケモンGOをはじめると、いろんなところにお出かけしてみたくなりますが、初心者の方におすすめしたいのが公園めぐりです。 ...

ポケモンボックス

プレイヤーが捕獲したポケモンを保有しておく場所のこと。ショップでポケコインを消費することにより最大2500匹まで拡張することができる。

ポケモンレベル(PL)

ポケモンの強さを示すレベルのこと。PLは0~40まであり、ほしのすなを使ってポケモンを強化をすることでPLを上げることができる。PLを上げるとそのポケモンのCPも上昇する。

ま行

みんポケ

レイドバトルの出現やレアポケモンの出現情報を共有できるマップツールのこと。プレイヤーが登録しないと情報反映されないので、都市圏などの密集地でないと有効に使えない場合がある。

無課金

ポケコイン購入せず課金をしないでゲームプレイを続けていること。ジムに防衛ポケモンを配置することでもらえるポケコインをためてアイテム購入することができるので、無課金プレイを続けているという人も多い。

メダル

ゲーム内の様々な条件をクリアするともらえるやりこみ要素の一つ。メダルには、ブロンズ、シルバー、ゴールドの3色がある。

モンスターボールPlus(モンボプラス)

「Pokémon GO Plus」に代わって発売されたポケモンGO専用のデバイス。

画面を見なくてもポケストップを回したりポケモンを捕獲することができる。

便利だがポケモンの捕獲はモンスターボール1球のみで判定されてしまうためけっこう逃げられてしまう。

GOプラスと異なる点はポケストップのオートスピン機能でアイテム回収が楽な点と反応が速い点。ただしGOプラスより大きいため扱いにくい難点がある。

モンボ

モンスターボールの略称のこと。

や行

やる気

ジムに配置している防衛ポケモンの耐久度のこと。時間経過やジムバトルで負けるとやる気が低下し、0になるとジムから追い出されて帰ってきてしまう。

ただし自身や同じチームのプレーヤーが防衛ポケモンにきのみを与えることでやる気を回復させることができる。

ら行

ライトポケモン

GOロケット団が操るシャドウポケモンを、リトレーンで閉ざされた心を解放して、元のポケモンの力を取り戻した姿のこと。

リアルイベント

ポケモンGO運営会社(ナイアンティック)と、特定の地域とのコラボで開催される、地域限定のイベントのこと。

ナイアンティックが主催するものと、自治体などの地域側が主催するイベントもある。

イベントにはレアポケモンの出現など、ゲーム内の特典が多数あるため、数万人規模が集まる場合もある。

【ポケモンGO】リアルイベントとは?はじめて参加する時のガイドポケモンGOのリアルイベントとは、特定地域とのコラボで開催される、地域限定のイベントです。参加者には特典が盛りだくさんなので、ポケモンGOを楽しむならぜひとも参加しておきましょう。過去イベントの参加経験をふまえて徹底解説します!...

リトレーン

GOロケット団が操るシャドウポケモンの、閉ざされた心を解放して元のポケモンの力を取り戻させる行動のこと。

リワード

達成したことでもらえる報酬のこと。レイドバトル勝利時やフィールドリサーチのタスク、大発見やウィークリーボーナスなど様々な要素でリワードが用意されている。

リーグ戦

トレーナーバトルでは3つのリーグが用意されており、最初にリーグを選んでバトルすることができる。

  • マスターリーグ:CP無制限でポケモンを選んで戦えるリーグ
  • ハイパーリーグ:CP2500以下のポケモンを選んで戦うリーグ
  • スーパーリーグ:CP1500以下のポケモンを選んで戦うリーグ

ルアーモジュール

ポケストップで使用すると、30分間ポケモンが出現しやすくなるアイテム。自分だけでなく周囲のプレイヤーにも同じ効果が発揮される。

通常のルアーモジュールのほかに、「アイス(こおり)」「ハーブ(くさ)」「マグネット(でんき)」の3種類のルアーモジュールが新しく追加されている。

レアポケ

レアポケモンの略称。

レイドアワー

特定の1時間だけ伝説レイドが大量発生するイベント。時間帯により「ランチレイド」や「ディナーレイド」と呼ばれることもある。

レイドウィーク

伝説ポケモンのレイドが期間限定で復刻するイベントのこと。その際に色違いが実装されることが多くなっている。

【ポケモンGO】レイドウィークとは?
【ポケモンGO】レイドウィークとは?イベント内容のまとめポケモンGOの「レイドウィーク」とは、期間限定で伝説ポケモンのレイドが復刻したり、特別なポケモンがレイドに登場する、レイドバトルのお祭りみたいなイベントです。登場するポケモンは、レイドウィークのタイミングで、色違いが実装されることが多くなっています。...

レイドバトル

ジムに出現するボスポケモンを他のトレーナーと協力して倒すバトルのこと。レイドバトルに挑戦するにはレイドパスが必要となる。

手持ちのポケモンから6匹を選んでバトルを挑み、勝利するとリワードをもらえてボスポケモンのゲットチャレンジに挑むことができます。

【ポケモンGO】レイドバトルのやり方まとめ
【ポケモンGO】レイドバトルのやり方まとめ 2019年完全版ポケモンGOのレイドバトルとは、ジムに登場する「レイドボス」と呼ばれる強力なポケモンを、他のトレーナーと協力して攻略するゲーム機能です。これまでやりこんだ私の経験をもとに、レイドバトルのやり方のすべてをこの記事にまとめました。...

レイドボス(ボスポケモン)

レイドバトルを挑むポケモンのこと。星1~5までのランクがありランクが上がると強くなる。

ボスポケモン時は巨大化し強くなっているが、レイドバトルに勝利すると普通の状態に戻り、そのポケモンの捕獲チャレンジを挑むことができる。

レガシー技

ゲームのアップデートによりポケモンが覚えるわざが変わってしまうことがある。そのせいで覚えることができなくなってしまったわざがレガシー技と呼ばれている。

そのポケモンを新たに捕獲しても覚えることができない技なのでコレクター自慢の要素の一つとなっている。

ロケット団

GOロケット団のこと。詳しくは「GOロケット団」を参照。

オリジナルのポケモンシリーズで「ロケット団」と呼ばれていた悪の組織が、GOロケット団としてポケモンGOに登場した。

わ行

わざマシン

保有しているポケモンのわざを変えることができるアイテム。

ノーマルアタックを覚え直す「わざマシンノーマル」と、スペシャルアタックを覚え直す「わざマシンスペシャル」の2種類が存在する。

どのわざを覚えるかはランダムであり、レガシー技を覚えることはできない。レイドバトルやリサーチタスクのリワードで入手することができる。

当ブログでは、他にもポケモンGO初心者の方に向けた記事を作成していますので、よかったら参照してみてください。

関連記事はこちら