暮らしのアイテム

冬のPCデスク作業は足元が寒い…パネルヒーターを使ってみたらマジでオススメだった!

ぽけご
ぽけご
こんにちは、気ままに生きてるぽけごです

寒い冬の室内でお安く過ごすには、コタツがおすすめなんですが、困るのはPCデスクで作業するときですよね。

長い時間にPCデスクに座っていると、足元がひんやりと寒いのです…。

厚手のソックスをはいてみたり、ブランケットを何枚も重ねてみたりするのですが、だんだん冷えてきて、特に夜は足元の感覚が鈍くなってしまうくらいです。

最近は家でデスク作業している時間が増えたので、これはマジで何とかせねばならんとネット検索で探してみたところ、パネルヒーターが良さそうだったので、さっそく買って試してみました。

結論からいうとマジでオススメです!
寒かった足元が、コタツに入っているときのように、ポカポカと温まります。

ぽけご
ぽけご
ちょっと大げさかもしれませんが、まるで足湯につかってる時のようだ・・

今回の記事では、パネルヒーターを導入するメリットとデメリット、私自身がひと冬使ってみて行きついた、足元を効果的に暖める使い方などをご紹介します!

パネルヒーターを導入するメリット

画像をクリックするとAmazon商品ページが開きます

PCデスクなどで足元が寒いときに、パネルヒーターを導入するメリットは以下の通りです。

寒い足元がポカポカ暖かくなる

パネルヒーターは、3面パネルで囲う方式なので、3方向から遠赤外線の効果で足元をコタツのように温めてくれます

安心・安全

火をまったく使わないので、ブランケットなどを併用しても、燃えたりする心配がないので安心です。

臭いや音が気にならない

何かが燃えたり送風したりしないので、臭いや音はまったく発生しません。

電気代が安い

1時間当たりで3~4円と、ローコストで経済的です。(コタツと同じ)

コンパクト収納できる

折りたたんで収納すれば厚みもないので、非常にコンパクトです。

使わないシーズンも折りたたんでおけば、ほとんど「板」になるので、押し入れのスキ間にでも仕舞っておけます。

デメリットはある?

私自身は導入してみてメリットしか感じなかったのですが、あえてデメリットまとめると、以下のような感じです。

デスクの足元が狭くなる

足を組んだり広げたりするのは無理なので、普段そういう座り方をされる人は不便を感じるかもしれません。

私の場合は、冬場は寒いしブランケットを足元に巻いて座るので、とくに不便は感じませんでした。

熱がPCに影響するかも?

パネルの外側5cmくらいに手を近づけると、多少の熱を感じるかなというくらいです。

もともと寒いわけですから、それくらい離せるスペースがあれば問題ないと思います。

実際に購入して使ってみた

実際にAmazonで購入して、使用してみましたのでレポートします。

Amazonから届いた梱包です。
思った以上に厚みがなくスリムですね。

開封したらこんな感じです。
3面を折りたたむと薄いので、端っこのすき間とかに立てかけて収納できそうです。

転倒防止のスタンドが付属しているタイプを買いましたが、3面で立てて置くので、スタンドがないタイプでも問題はなさそうです。

スタンドをセットしてしてみました。
暖かそうなひざ掛けも、付属品としてついてました。

付属のひざ掛けをかけて、PCデスクに置いてみた感じです。

実際これで使用してみましたが、ひざ掛けが小さすぎて、パネルヒーターを完全に覆うことができません。

すき間から暖かい空気が逃げてしまうので、多少は温まりますが、まだ足元は寒いままです…。

そこで別にブランケットを用意して、すき間ができないようにパネルヒーターを覆ってしまいました。

このようにすれば、暖まった空気が逃げることなく中にこもりますので、実際に中に足を入れると、コタツに足を入れたときのようにポカポカと温まります♪

実際の使用してる感じです。(座ってるのは奥さんです)

さらに別のブランケットも足元に巻いて座っていると、足湯につかってる時のように足からポカポカと体が温まるような感覚になります。

まとめ:PCデスクの足元が寒いなら、パネルヒーターがオススメ!

冬にPCデスクで作業したり勉強したりしている時に、足元が寒くて困っているのなら、デスクヒーターを導入してみましょう。

5千~1万円くらいで買えてしまいますし、電気代も1時間3~4円とローコストなので、エアコンやファンヒーターを使っているくらいなら、すぐに元が取れてしまいます。

足元が寒いのに、無理をしてPCデスクで長時間作業していると、冷え性や腰痛の原因になってしまいかねません。

寒い冬はパネルヒーターで足元を暖かくして乗り切りましょう!

▼こちらも合わせてどうぞ▼